混合ワクチン

愛犬の健康は予防から。ひとつのワクチンで、何種類もの病気を予防できるワクチンがあります。

ウイルスによる伝染病の治療は困難であり、また、レプトスピラ感染症は、犬だけでなく人にもうつる恐ろしい病気で
す。これらの伝染病から愛犬を守るためには、ワクチン接種による予防が有効です。ワクチンには、病気に対する抵抗
力(免疫)をつける効果があります。
このワクチンは、下記の伝染病を予防できます。

犬ジステンパー

犬ジステンパー

高熱、目ヤニ、鼻水がでて、元気や食欲がなくなり、嘔吐や下痢もします。また、病気がすすむと神経系がおかされ、マヒなどの後遺症が残る場合があります。死亡率の高い病気です。

犬パルボウイルス感染症

犬パルボウイルス感染症

激しい嘔吐、下痢を起こし、食欲がなくなり、急激に衰弱します。重症になると脱水症状がすすみ、短時間で死亡することがあります。伝染性が強く、死亡率の高い病気です。

犬伝染性肝炎

犬伝染性肝炎

発熱、腹痛、嘔吐、下痢がみられ、目が白く濁ることもあります。生後1年未満の子犬が感染すると、まったく症状を示すことなく突然死することがあります。

犬アデノウイルス2型感染症

犬アデノウイルス2型感染症

発熱、腹痛、嘔吐、下痢がみられ、目が白く濁ることもあります。生後1年未満の子犬が感染すると、まったく症状を示すことなく突然死することがあります。

犬パラインフルエンザウイルス感染症

犬パラインフルエンザウイルス感染症

カゼ症状がみられ、混合感染や二次感染が起こると重症になり死亡することがあります。伝染性が非常に強い病気です。

犬コロナウイルス感染症

犬コロナウイルス感染症

成犬の場合は、軽度の胃腸炎ですむことが多いのですが、犬パルボウイルスとの混合感染では重症化することもあります。子犬の場合は、嘔吐と重度の水様性下痢を引き起こします。

犬コロナウイルス感染症

犬コロナウイルス感染症

レプトスピラ症は、レプラスピラという細菌による感染症です。レプトスピラに感染しているネズミなどの野生動物の尿や、その尿に汚染された水や土を介して皮膚や口から感染することが知られています。犬を含むほとんどの哺乳類に感染し、発熱や嘔吐、脱水、出血などを引き起こします。重症化すると死に至ることもあります。レプトスピラには、いくつかの型(タイプ)があり、カニコーラ型、イクテロヘモラジー型に加えて、最近、グリッポチフォーサ型、ポモナ型の犬レプトスピラ感染症もワクチンで予防できるようになっています。
動物由来感染症
レプトスピラ症は、犬だけではなく人にも感染することがあります。厚生労働省は、このような動物から人に感染する病気を「動物由来感染症」と呼び、注意を呼びかけています。

定期的なワクチン接種で、愛犬を守りつづけてあげましょう。

子犬(生後2〜3ヶ月)

子犬をおうちに迎えたら、まずは
ワクチンについて先生にご相談下さい。

生まれたばかりの子犬は、恐ろしい伝染病にかからないように、母犬から免疫を譲り受けています。しかし、生後2~3ヶ月経つとその免疫力は弱まり、さまざまな伝染病に感染する危険性が高まります。
この時期、ワクチンによる確実な予防効果を得るためには、2~3回のワクチン接種が必要です。

犬イメージ

矢印

成犬(2歳ごろ~)

定期的なワクチン接種が効果的です。

子犬の時期に、ワクチン接種により、感染症から守ってあげることができても、そのワクチンの効果は徐々に弱まってきてしまいます。
ウイルスや細菌は日常生活のあらゆるところに潜んでおり、常にあなたの愛犬を狙っているのです。

矢印

高齢犬(7歳ごろ~)

ワクチンの重要性がさらに高まります。

年をとると、さまざまな臓器の機能が弱まり、免疫力も低下してきてしまいます。高齢犬は、子犬の時期と並んで、ワクチンによる免疫の強化が重要な時期なのです。愛犬がずっと元気に過ごせるように、あなたにもできることがあるのです。

猫

ネコちゃんもワクチン対策を

母親からもらった免疫が検証してくると、子猫が伝染病にかかる危険性が高まります。
伝染病は、時には大切な愛猫の命さえおびやかす恐ろしい病気です。
あなたの愛猫を恐ろしい伝染病から守るために、「ワクチン接種による病気の予防」を
しましょう。

伝染病ってこんなに怖い!

病気1
猫カリシウイルス感染症

この病気にかかる猫は非常に多く、風邪によく似たくしゃみ、鼻水、軽度の発熱などの症状を起こします。
口腔内に潰瘍、水疱ができるのが特徴で、まれに急性結膜炎、鼻炎、一過性の発熱が見られる他、関節と
筋肉の痛みから跛行(うまく歩けない)になることもあります。
また、子猫の場合は他の病気との合併症により症状が悪化し、死亡することもあります。
キャリアー(ウイルスを体内に持っている猫)から感染します。

猫
病気2
猫ウイルス性鼻気管炎

風邪によく似たくしゃみ、鼻炎、軽度の発熱などの症状のほか、
角膜炎や結膜炎が見られ、重症になると死亡することもあります。
キャリアーからの感染の他、空気中の微粒子、緑輝、寝具などから
も感染します。

病気3
猫汎白血球減少症

子猫では食欲・元気消失、発熱、嘔吐、下痢などの症状が見られることもある死亡率の高い病気です。
妊娠中の母親が感染すると、流産、異常産を起こすこともあります。
経過が速く、治療が困難なため、ワクチンによる予防が有効です。

確実な予防効果を得るために

狂犬病

狂犬病は犬だけでなく、ひとにも伝染する病気です。

フィラリア予防

ワンちゃんが楽しい「フィラリア予防」をご紹介します。

混合ワクチン

ひとつのワクチンで何種類もの病気を予防できます。

フィラリア+ノミダニ予防

ノミ・ダニだけでなく、フィラリアも予防できる薬もあります。